さんまがとれない 量は去年の10%で値段は市場で3倍

さんまがとれない (りょう)去年(きょねん)の10%で値段(ねだん)市場(しじょう)で3(ばい)

さんまがおいしい季節(きせつ)になりました。しかし、さんまはあまりとれていません。 今年(ことし)の8月から9月の終わり(おわり)までにとれたさんまの(りょう)は4594tで、去年(きょねん)同じ(おなじ)ときの10%です。(いま)までの50(ねん)最も(もっとも)とれなかったおととしの同じ(おなじ)ときより、ずっと少なく(すくなく)なっています。 日本(にっぽん)近く(ちかく)にさんまが集まっ(あつまっ)ていないため、遠い(とおい)(うみ)までさんまをとりに行か(いか)なければなりません。(からだ)小さい(ちいさい)さんまが多かっ(おおかっ)たことも原因(げんいん)です。 東京(とうきょう)()市場(しじょう)では先週(せんしゅう)、さんまは1kg1400(えん)ぐらいで、去年(きょねん)同じ(おなじ)ときの3(ばい)ぐらいの値段(ねだん)になりました。 10月になってとれる(りょう)増え(ふえ)てきていますが、今年(ことし)はおととしより少なく(すくなく)なる可能(かのう)(せい)があります。

Loading