日本(にっぽん)出し(だし)地球(ちきゅう)気温(きおん)上げる(あげる)ガス いちばん少なく(すくなく)なる

環境省(かんきょうしょう)によると、日本(にっぽん)が2018年度(ねんど)出し(だし)地球(ちきゅう)気温(きおん)上げる(あげる)ガスは、12(おく)4400(まん)tでした。2017年度(ねんど)比べ(くらべ)て4700(まん)t、3.6%減り(へり)ました。5(ねん)続け(つずけ)減っ(へっ)ていて、調べ(しらべ)始め(はじめ)た1990年度(ねんど)からでいちばん少なく(すくなく)なりました。 環境省(かんきょうしょう)は、使う(つかう)エネルギーが少ない(すくない)製品(せいひん)利用(りよう)していることや、自然(しぜん)のエネルギーや原子力(げんしりょく)発電(はつでん)増やし(ふやし)て、火力(かりょく)発電(はつでん)減らし(へらし)たことなどが理由(りゆう)だと言っ(いっ)ています。 日本(にっぽん)は2030年度(ねんど)までに、地球(ちきゅう)気温(きおん)上げる(あげる)ガスを2013年度(ねんど)比べ(くらべ)て26%減らす(へらす)言っ(いっ)ています。しかし、2018年度(ねんど)減らす(へらす)ことができたのは、11.8%だけでした。

Loading