来年のオリンピックとパラリンピックで使う電気自動車

来年(らいねん)のオリンピックとパラリンピックで使う(つかう)電気(でんき)自動車(じどうしゃ)

トヨタ自動車は、来年(らいねん)(なつ)東京(とうきょう)開く(ひらく)オリンピックとパラリンピックで使う(つかう)電気(でんき)自動車(じどうしゃ)発表(はっぴょう)しました。 この自動車(じどうしゃ)は、(きゃく)乗せ(のせ)会場(かいじょう)(なか)電気(でんき)走り(はしり)ます。選手(せんしゅ)泊まる(とまる)場所(ばしょ)でも走り(はしり)ます。 運転(うんてん)(せき)はいちばん(まえ)で、真ん中(まんなか)後ろ(うしろ)(せき)(きゃく)座っ(すわっ)て、全部(ぜんぶ)で6(にん)乗る(のる)ことができます。真ん中(まんなか)(せき)片づけ(かたずけ)てスロープを出す(だす)と、車いす(くるまいす)座っ(すわっ)たまま乗っ(のっ)たり降り(おり)たりできます。暑い(あつい)季節(きせつ)のため、(せき)温度(おんど)上がり(あがり)にくい材料(ざいりょう)使っ(つかっ)ていて、背中(せなか)部分(ぶぶん)(かぜ)通っ(かよっ)涼しく(すずしく)感じる(かんじる)ようにしています。 スピードは時速(じそく)19kmまで()て、1(かい)充電(じゅうでん)で100kmぐらい走る(はしる)ことができます。 オリンピックとパラリンピックでは、200(だい)ぐらいがいろいろな会場(かいじょう)走る(はしる)予定(よてい)です。

Loading