ワインの国際大会 山梨県の4種類が特別な賞をもらう

ワインの国際(こくさい)大会(たいかい) 山梨(やまなし)(けん)の4種類(しゅるい)特別(とくべつ)(しょう)をもらう

世界(せかい)のワインが集まる(あつまる)国際(こくさい)大会(たいかい)「デキャンター・ワールド・ワイン・アワード」が、4月から5月にイギリスのロンドンでありました。大会(たいかい)では、1(まん)6500種類(しゅるい)以上(いじょう)のワインの(あじ)をチェックして、(しょう)決め(きめ)ました。 その結果(けっか)山梨(やまなし)(けん)甲斐(かいの)()にある「登美(とみ)(おか)ワイナリー」の「登美(とみ)(おか)甲州(こうしゅう)」というワインが、プラチナ(しょう)をもらいました。プラチナ(しょう)は、大会(たいかい)()全部(ぜんぶ)のワインの0.9%だけがもらったすばらしい(しょう)です。 ワインを作っ(つくっ)(ひと)によると、自分(じぶん)(はたけ)作っ(つくっ)たぶどうだけで作っ(つくっ)たワインで、ぶどうの(あじ)香り(かおり)がよくて、ほかのワインとは違う(ちがう)渋み(しぶみ)があります。 プラチナ(しょう)(つぎ)金賞(きんしょう)は、日本(にっぽん)の3種類(しゅるい)のワインがもらいました。3種類(しゅるい)全部(ぜんぶ)山梨(やまなし)(けん)甲州(こうしゅう)()にあるワイナリーで作っ(つくっ)たワインです。

Loading