スマートフォンで1(にち)ずつ入る(はいる)安い(やすい)保険(ほけん)増える(ふえる)

第一生命(だいいちせいめい)は、スマートフォンを使っ(つかっ)入る(はいる)(にち)料金(りょうきん)が100(えん)ぐらいの保険(ほけん)始め(はじめ)ました。スポーツやお祭り(まつり)でけがなどをしたときのための保険(ほけん)です。病院(びょういん)書い(かい)てもらった診断(しんだん)(しょ)などをスマートフォンで写真(しゃしん)撮っ(とっ)送る(おくる)と、入院(にゅういん)したときには保険(ほけん)から5(まん)(えん)までもらうことができます。 損保(そんぽ)ジャパン日本(にっぽん)興亜(こうあ)も、LINEを使っ(つかっ)てスマートフォンで契約(けいやく)してお金を払う(はらう)保険(ほけん)始め(はじめ)ています。1(にち)(なん)(ひゃく)(えん)払う(はらう)と、(ひと)から(くるま)借り(かり)たときの自動車(じどうしゃ)保険(ほけん)旅行(りょこう)保険(ほけん)などに入る(はいる)ことができます。保険(ほけん)からお金をもらうときは電話(でんわ)をかける必要(ひつよう)があります。 40(さい)より若い(わかい)(ひと)はあまり保険(ほけん)入っ(はいっ)ていません。保険(ほけん)会社(かいしゃ)は、簡単(かんたん)安く(やすく)入る(はいる)ことができる保険(ほけん)始め(はじめ)て、若い(わかい)(ひと)たちに入っ(はいっ)てほしいと考え(かんがえ)ています。

Loading