AIが司法試験の予備試験の問題を60%予想できた

AIが司法(しほう)試験(しけん)予備(よび)試験(しけん)問題(もんだい)を60%予想(よそう)できた

東京(とうきょう)にある会社(かいしゃ)作っ(つくっ)たコンピューターのAIが、(くに)司法(しほう)試験(しけん)予備(よび)試験(しけん)にどんな問題(もんだい)出る(でる)予想(よそう)しました。予備(よび)試験(しけん)合格(ごうかく)した(ひと)は、弁護士(べんごし)裁判官(さいばんかん)になるための司法(しほう)試験(しけん)受ける(うける)ことができます。 AIは、去年(きょねん)までの予備(よび)試験(しけん)()問題(もんだい)法律(ほうりつ)言葉(ことば)などを勉強(べんきょう)しました。そして、予備(よび)試験(しけん)(なか)で、法律(ほうりつ)について正しい(ただしい)答え(こたえ)選ぶ(えらぶ)問題(もんだい)予想(よそう)して、答え(こたえ)考え(かんがえ)ました。 19(にち)今年(ことし)予備(よび)試験(しけん)がありました。会社(かいしゃ)によると、95ある問題(もんだい)(なか)で、AIの予想(よそう)同じ(おなじ)問題(もんだい)は60%の57ありました。会社(かいしゃ)は、答え(こたえ)合っ(あっ)ていたため、合格(ごうかく)した可能(かのう)(せい)高い(たかい)言っ(いっ)ています。

Loading