和歌山(わかやま)(けん)太地(たいじ)(まち)(うみ)今年(ことし)もたくさんの(ひと)(くじら)一緒(いっしょ)泳ぐ(およぐ)

和歌山(わかやま)(けん)太地(たいじ)(まち)は、(むかし)から(くじら)をとっているため「(くじら)(まち)」で有名(ゆうめい)です。 太地(たいじ)(まち)の「くじらの博物館(はくぶつかん)」は毎年(まいとし)(なつ)近く(ちかく)(うみ)(くじら)泳ぐ(およぐ)ことができる場所(ばしょ)作っ(つくっ)ています。今年(ことし)は19(にち)まで、1(にち)に2(かい)博物館(はくぶつかん)育て(そだて)ている(くじら)とたくさんの(ひと)一緒(いっしょ)泳い(およい)楽しみ(たのしみ)ました。 (からだ)(なが)さが3mぐらいの(くじら)は、(うみ)にいる(ひと)たちの(なか)をゆっくり泳ぎ(およぎ)ながら、ときどき()振る(ふる)ような動き(うごき)をしていました。(うみ)()(ひと)たちは、(くじら)近く(ちかく)来る(くる)喜ん(よろこん)写真(しゃしん)撮っ(とっ)ていました。三重(みえ)(けん)から()た7(さい)男の子(おとこのこ)は「ひれを速く(はやく)動かし(うごかし)たり、(こえ)出し(だし)たりしていてかわいかったです」と話し(はなし)ていました。 博物館(はくぶつかん)(ひと)は「(くじら)一緒(いっしょ)遊ん(あそん)で、太地(たいじ)(まち)にも興味(きょうみ)持っ(もっ)てほしいと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ていました。

Loading