恐竜(きょうりゅう)展覧(てんらん)(かい) 世界(せかい)初めて(はじめて)見せる(みせる)化石(かせき)もある

恐竜(きょうりゅう)化石(かせき)などを100以上(いじょう)紹介(しょうかい)する展覧(てんらん)(かい)が、東京(とうきょう)()にある国立(こくりつ)科学(かがく)博物館(はくぶつかん)始まり(はじまり)ました。 この展覧(てんらん)(かい)では、「デイノケイルス」という恐竜(きょうりゅう)(あたま)(あし)化石(かせき)世界(せかい)初めて(はじめて)見せ(みせ)ています。「デイノケイルス」は(まえ)(あし)長く(ながく)て、くちばしの(はば)広い(ひろい)珍しい(めずらしい)恐竜(きょうりゅう)です。 北海道(ほっかいどう)むかわ(まち)見つかっ(みつかっ)た「むかわ(りゅう)」の(からだ)(かたち)大き(おおき)さがわかる(ほね)見せ(みせ)ています。「むかわ(りゅう)」は、日本(にっぽん)(からだ)のほとんど全部(ぜんぶ)(ほね)見つかっ(みつかっ)(なか)では、いちばん大きい(おおきい)恐竜(きょうりゅう)です。 新しい(あたらしい)研究(けんきゅう)でわかった恐竜(きょうりゅう)様子(ようす)をCGで見る(みる)こともできます。 この展覧(てんらん)(かい)は10月14(にち)までです。

Loading