中学校1年生の65%はスマートフォンを持っている

中学校(ちゅうがっこう)年生(ねんせい)の65%はスマートフォンを持っ(もっ)ている

NTTドコモの研究所(けんきゅうじょ)は、小学生(しょうがくせい)中学生(ちゅうがくせい)がどのくらい携帯(けいたい)電話(でんわ)持っ(もっ)ているか調べ(しらべ)ました。関東(かんとう)地方(ちほう)住ん(すん)でいる500(にん)子ども(こども)家族(かぞく)聞き(きき)ました。 自分(じぶん)携帯(けいたい)電話(でんわ)持っ(もっ)ている割合(わりあい)は、小学校(しょうがっこう)年生(ねんせい)が40%、6年生(ねんせい)が52%でした。6年生(ねんせい)の22%は、スマートフォンを持っ(もっ)ていました。 中学校(ちゅうがっこう)年生(ねんせい)は65%が持っ(もっ)ていて、みんなスマートフォンを使っ(つかっ)ていました。 子ども(こども)がスマートフォンなどを使う(つかう)ことについて(おや)聞く(きく)と、いろいろなことを知る(しる)ことができるとか、家族(かぞく)連絡(れんらく)しやすくなるなど、いいことがあると話し(はなし)ていました。しかし、使い(つかい)過ぎ(すぎ)たり、SNSなどで友だち(ともだち)とけんかになったりすることを心配(しんぱい)する(ひと)もたくさんいました。

Loading