電車で体を触られる被害が多い駅がアプリでわかる

電車(でんしゃ)(からだ)触ら(さわら)れる被害(ひがい)多い(おおい)(えき)がアプリでわかる

電車(でんしゃ)(なか)(からだ)触ら(さわら)れたり、スカートの(なか)写真(しゃしん)撮ら(とら)れたりする被害(ひがい)が、どの(えき)多い(おおい)かわかるウェブサイトができました。スマートフォンのアプリもあります。名前(なまえ)は「痴漢(ちかん)レーダー」で、東京(とうきょう)にある社員(しゃいん)(にん)会社(かいしゃ)作り(つくり)ました。 被害(ひがい)にあったときや、被害(ひがい)にあっている(ひと)()たとき、このウェブサイトやアプリのボタンを押し(おし)ます。ボタンを押す(おす)と、被害(ひがい)にあった場所(ばしょ)がウェブサイトやアプリの地図(ちず)出る(でる)ようになっていて、どの(えき)近く(ちかく)被害(ひがい)多い(おおい)かわかります。 ウェブサイトを始め(はじめ)てから1か月で、3(まん)(にん)ぐらいが被害(ひがい)知らせる(しらせる)ボタンを押し(おし)たり、地図(ちず)()たりしました。 インターネットでは「自分(じぶん)名前(なまえ)言わ(いわ)なくても被害(ひがい)知らせる(しらせる)ことができていいと思う(おもう)」という意見(いけん)がありました。しかし、「被害(ひがい)がないのにボタンを押す(おす)(ひと)がいるかもしれない」と心配(しんぱい)する(ひと)もいます。

Loading