NASA「宇宙(うちゅう)に1(ねん)いても健康(けんこう)問題(もんだい)はない」

宇宙(うちゅう)飛行(ひこう)()のスコット・ケリーさんは2015(ねん)の3月から1(ねん)ぐらい、国際(こくさい)宇宙(うちゅう)ステーションにいました。ケリーさんは宇宙(うちゅう)にいる()に、地球(ちきゅう)で50(ねん)()受ける(うける)より多く(おおく)放射線(ほうしゃせん)受け(うけ)て、重力(じゅうりょく)のない(ところ)長い(ながい)()いました。 NASAなどのグループは、ケリーさんの(からだ)変わっ(かわっ)たかどうか、双子(ふたご)兄弟(きょうだい)比べ(くらべ)ました。その結果(けっか)(とし)をとると短く(みじかく)なる染色(せんしょく)(たい)の「テロメア」という部分(ぶぶん)が、宇宙(うちゅう)では短く(みじかく)なりにくいことがわかりました。免疫(めんえき)やDNAを直す(なおす)一部(いちぶ)遺伝子(いでんし)変わっ(かわっ)ていました。 地球(ちきゅう)帰っ(かえっ)てから6か月過ぎる(すぎる)と、テロメアの(なが)さは普通(ふつう)戻り(もどり)ましたが、一部(いちぶ)遺伝子(いでんし)戻り(もどり)ませんでした。 グループは「ケリーさんの(からだ)大きな(おおきな)問題(もんだい)はありませんでした。宇宙(うちゅう)に1(ねん)ぐらいいても健康(けんこう)問題(もんだい)はありません」と言っ(いっ)ています。

Loading