インターネットで品物(しなもの)紹介(しょうかい) お金が入ら(はいら)ないトラブルが増える(ふえる)

国民(こくみん)生活(せいかつ)センターによると、インターネットで品物(しなもの)紹介(しょうかい)してお金をもらう広告(こうこく)でトラブルが増え(ふえ)ています。3月は相談(そうだん)(きゅう)増え(ふえ)て、100(けん)以上(いじょう)ありました。 「ウェブサイトで品物(しなもの)買っ(かっ)てください。SNSで品物(しなもの)紹介(しょうかい)したら、お金をもらうことができます」と言わ(いわ)れたのに、お金が入ら(はいら)ないという(ひと)多く(おおく)いました。 紹介(しょうかい)したあと1()はお金をもらうことができたため、次に(つぎに)400(まん)(えん)使っ(つかっ)品物(しなもの)買っ(かっ)たら、お金をもらうことができなかった(ひと)もいました。 買う(かう)ように言わ(いわ)れた品物(しなもの)は、お菓子などの食べ物(たべもの)化粧(けしょう)(ひん)などです。1()にたくさん買う(かう)ように言わ(いわ)れた(ひと)もいて、800(まん)(えん)使っ(つかっ)(ひと)もいました。被害(ひがい)があった(ひと)多く(おおく)は20(だい)や30(だい)(ひと)です。 国民(こくみん)生活(せいかつ)センターは「説明(せつめい)をそのまま信じ(しんじ)ないで、しっかり考える(かんがえる)ようにしてください」と言っ(いっ)ています。

Loading