東京(とうきょう)オリンピックではペットボトルを持っ(もっ)会場(かいじょう)入れる(いれる)

来年(らいねん)東京(とうきょう)オリンピックとパラリンピックは、とても暑い(あつい)季節(きせつ)開く(ひらく)ので、熱中(ねっちゅう)(しょう)心配(しんぱい)です。大会(たいかい)組織(そしき)委員(いいん)(かい)は、()()(ひと)熱中(ねっちゅう)(しょう)にならないように、ペットボトルを持っ(もっ)会場(かいじょう)入る(はいる)ことができるようにしたいと考え(かんがえ)ています。 オリンピックやパラリンピックではしばらく(まえ)から、ペットボトルを持っ(もっ)会場(かいじょう)入る(はいる)ことはできません。飲み物(のみもの)ではない液体(えきたい)をペットボトルに入れ(いれ)てテロを行う(おこなう)ことを心配(しんぱい)しているためです。 組織(そしき)委員(いいん)(かい)は、安全(あんぜん)のため、飲み物(のみもの)をどのくらい持っ(もっ)てきてもいいか決め(きめ)たり、入る(はいる)(まえ)飲ん(のん)でもらって調べ(しらべ)たりするつもりです。 飲み物(のみもの)会場(かいじょう)でも買う(かう)ことができますが、買う(かう)ために並ん(ならん)時間(じかん)がかかることもありそうです。組織(そしき)委員(いいん)(かい)は、会場(かいじょう)でみんなが飲み物(のみもの)十分(じゅうぶん)飲む(のむ)ことができるようにしたいと考え(かんがえ)ています。

Loading