日本語(にほんご)教育(きょういく)必要(ひつよう)子ども(こども)のために「支援(しえん)(いん)」を増やす(ふやす)

外国(がいこく)育っ(そだっ)たりしたため、日本語(にほんご)教育(きょういく)必要(ひつよう)公立(こうりつ)高校(こうこう)生徒(せいと)は、2017年度(ねんど)(やく)4000(にん)いました。しかし、この(なか)の9.6%が途中(とちゅう)高校(こうこう)をやめました。 9.6%は、公立(こうりつ)高校(こうこう)全部(ぜんぶ)生徒(せいと)(なか)で、途中(とちゅう)高校(こうこう)をやめた(ひと)割合(わりあい)の7(ばい)です。文部(もんぶ)科学(かがく)(しょう)は、授業(じゅぎょう)がよくわからなくてやめた(ひと)多い(おおい)考え(かんがえ)ています。 文部(もんぶ)科学(かがく)(しょう)は、日本語(にほんご)教育(きょういく)必要(ひつよう)高校生(こうこうせい)のために、「支援(しえん)(いん)」を増やす(ふやす)ことにしました。支援(しえん)(いん)は、授業(じゅぎょう)内容(ないよう)をわかりやすいことばで翻訳(ほんやく)して説明(せつめい)します。 日本(にっぽん)では、働く(はたらく)外国(がいこく)(じん)多く(おおく)しているため、同じ(おなじ)ように日本語(にほんご)教育(きょういく)必要(ひつよう)小学生(しょうがくせい)中学生(ちゅうがくせい)増え(ふえ)そうです。このため文部(もんぶ)科学(かがく)(しょう)は、支援(しえん)(いん)増やし(ふやし)たり、たくさんのことばで翻訳(ほんやく)できるシステムを使っ(つかっ)たりしたいと考え(かんがえ)ています。

Loading