手紙(てがみ)宛先(あてさき)書き方(かきかた)がわからない子ども(こども)増え(ふえ)ている

文部(もんぶ)科学(かがく)(しょう)今年(ことし)の「全国(ぜんこく)学力(がくりょく)テスト」では、中学校(ちゅうがっこう)年生(ねんせい)国語(こくご)で、手紙(てがみ)宛先(あてさき)書き方(かきかた)問題(もんだい)()ました。 正しい(ただしい)書き方(かきかた)は、封筒(ふうとう)(みぎ)住所(じゅうしょ)書い(かい)て、真ん中(まんなか)に「(さま)」などをつけた相手(あいて)名前(なまえ)書き(かき)ます。しかし、正しく(まさしく)答え(こたえ)中学生(ちゅうがくせい)は57%だけでした。間違っ(まちがっ)答え(こたえ)では、相手(あいて)名前(なまえ)(みぎ)書い(かい)たり、住所(じゅうしょ)一緒(いっしょ)にメールのアドレスを書い(かい)たりしていました。7(ねん)(まえ)のテストで正しく(まさしく)答え(こたえ)中学生(ちゅうがくせい)は74%で、今年(ことし)は17ポイント低く(ひくく)なりました。 インターネットのSNSを使う(つかう)ことが増え(ふえ)て、子ども(こども)たちが手紙(てがみ)書く(かく)機会(きかい)少なく(すくなく)なっているようです。 日本語(にほんご)研究(けんきゅう)している大学(だいがく)先生(せんせい)は「手紙(てがみ)だから伝える(つたえる)ことができる気持ち(きもち)もあると思い(おもい)ます。子ども(こども)たちには手紙(てがみ)のいいところを大切(たいせつ)にしてほしいです」と話し(はなし)ています。

Loading