エアバスの新しい(あたらしい)飛行機(ひこうき)「A350」が日本(にっぽん)初めて(はじめて)飛ぶ(とぶ)

日本航空(にほんこうくう)は、エアバスがつくったいちばん新しい(あたらしい)「A350」という飛行機(ひこうき)使い(つかい)始め(はじめ)ました。1(にち)から羽田空港(はねだくうこう)福岡空港(ふくおかくうこう)()飛ん(とん)でいます。 羽田空港(はねだくうこう)であった記念(きねん)(しき)で、日本航空(にほんこうくう)(ひと)は「この飛行機(ひこうき)(なか)がとても静か(しずか)です。(いま)までより気持ちよく(きもちよく)過ごす(すごす)ことができると思い(おもい)ます」とあいさつしました。 新しい(あたらしい)飛行機(ひこうき)(なか)広く(ひろく)て、(せき)少し(すこし)広く(ひろく)なっています。全部(ぜんぶ)(せき)にある画面(がめん)でビデオなどを()たり、充電(じゅうでん)したりすることができます。いちばん新しい(あたらしい)エンジンが使わ(つかわ)れたり、飛行機(ひこうき)軽く(かるく)なったりしているため、燃料(ねんりょう)にかかるお金は25%安く(やすく)なりました。 1(にち)飛行機(ひこうき)乗っ(のっ)女性(じょせい)は「ほかの飛行機(ひこうき)よりエンジンの(おと)静か(しずか)でした。また乗り(のり)ます」と話し(はなし)ていました。 日本航空(にほんこうくう)は、羽田空港(はねだくうこう)北海道(ほっかいどう)沖縄(おきなわ)(けん)()飛ぶ(とぶ)飛行機(ひこうき)にも、これからA350を使う(つかう)予定(よてい)です。

Loading