奈良(なら)() 殺し(ころし)(いぬ)(ねこ)が10(ねん)で663(ひき)から1(ひき)減る(へる)

奈良(なら)()では、(だれ)飼っ(かっ)ているかわからない(いぬ)(ねこ)殺す(ころす)ことがあります。2008年度(ねんど)は663(ひき)いました。 奈良(なら)()は1(ひき)殺さ(ころさ)ないようにしたいと考え(かんがえ)て、4(ねん)(まえ)からウェブサイトで(いぬ)(ねこ)紹介(しょうかい)して、飼う(かう)(ひと)探す(さがす)ことを始め(はじめ)ました。 その結果(けっか)殺し(ころし)(いぬ)(ねこ)はとても減っ(へっ)て、2017年度(ねんど)は3(ひき)、2018年度(ねんど)は1(ひき)になりました。 2018年度(ねんど)から奈良(なら)()は、保健所(ほけんじょ)助け(たすけ)(いぬ)(ねこ)赤ちゃん(あかちゃん)世話(せわ)を、しばらくボランティアの(ひと)にお願いしています。このやり方で新しく(あたらしく)飼う(かう)(ひと)見つかっ(みつかっ)(いぬ)(ねこ)は42(ひき)いました。 奈良(なら)()市長(しちょう)は「(いぬ)(ねこ)最後(さいご)まで一緒(いっしょ)生活(せいかつ)するという考え方(かんがえかた)をみんなに持っ(もっ)てほしいです。1(ひき)殺さ(ころさ)ないようにするために、これからも頑張り(がんばり)ます」と話し(はなし)ています。

Loading