愛媛大学(えひめだいがく) (ひと)(からだ)にあるたんぱく質をほとんど全部(ぜんぶ)作る(つくる)

愛媛大学(えひめだいがく)は、小麦(こむぎ)から作っ(つくっ)特別(とくべつ)液体(えきたい)使っ(つかっ)て、(ひと)遺伝子(いでんし)からたんぱく質を作る(つくる)研究(けんきゅう)をしています。 大学(だいがく)は、(ひと)(からだ)にある(やく)(まん)4000種類(しゅるい)以上(いじょう)のたんぱく質をほとんど全部(ぜんぶ)研究(けんきゅう)(しつ)作る(つくる)ことができたと発表(はっぴょう)しました。大学(だいがく)によると、(ひと)のたんぱく質をほとんど全部(ぜんぶ)作っ(つくっ)たのは世界(せかい)初めて(はじめて)です。 たんぱく質は異常(いじょう)があると病気(びょうき)原因(げんいん)になりますが、新しい(あたらしい)(くすり)作る(つくる)ためにも使わ(つかわ)れています。 たんぱく質を使っ(つかっ)てがんの研究(けんきゅう)をしている東京大学(とうきょうだいがく)教授(きょうじゅ)は「病気(びょうき)にならないようにしたり新しい(あたらしい)(くすり)作っ(つくっ)たりする研究(けんきゅう)進む(すすむ)思い(おもい)ます」と言っ(いっ)ています。

Loading