3800(ねん)(まえ)日本(にっぽん)にいた縄文(じょうもん)(じん)(さけ)強かっ(つよかっ)

国立(こくりつ)科学(かがく)博物館(はくぶつかん)などのグループは、3800(ねん)ぐらい(まえ)縄文(じょうもん)時代(じだい)日本(にっぽん)住ん(すん)でいた縄文(じょうもん)(じん)女性(じょせい)のDNAを調べ(しらべ)ました。この女性(じょせい)は、北海道(ほっかいどう)礼文島(れぶんとう)見つかり(みつかり)ました。 グループは、女性(じょせい)()のDNAがしっかり残っ(のこっ)ていたので、遺伝子(いでんし)情報(じょうほう)全部(ぜんぶ)調べる(しらべる)ことができたと言っ(いっ)ています。調べ(しらべ)結果(けっか)、この女性(じょせい)()(はだ)(いろ)茶色(ちゃいろ)で、(さけ)強い(つよい)ことなどがわかりました。 脂肪(しぼう)多い(おおい)食べ物(たべもの)消化(しょうか)しやすい遺伝子(いでんし)持っ(もっ)ていることもわかりました。グループは、動物(どうぶつ)(さかな)をとって生活(せいかつ)していたようだと言っ(いっ)ています。そして、縄文(じょうもん)(じん)遺伝子(いでんし)の10%ぐらいが(いま)日本人(にっぽんじん)伝わっ(つたわっ)ていると考え(かんがえ)ています。

Loading