アマゾンの火事でたくさんの動物がやけどをしている

アマゾンの火事(かじ)でたくさんの動物(どうぶつ)がやけどをしている

(みなみ)アメリカにあるアマゾンの(もり)で、大きな(おおきな)火事(かじ)続い(つずい)ています。ブラジルにある23の「野生(やせい)動物(どうぶつ)保護(ほご)センター」では、火事(かじ)でやけどをした動物(どうぶつ)などの手当て(てあて)世話(せわ)をしています。センターに運ば(はこば)れた動物(どうぶつ)は、いつもの(とし)の2(ばい)から3(ばい)になっています。 やけどをした動物(どうぶつ)多く(おおく)は、はやく逃げる(にげる)ことができない(へび)やナマケモノなどです。ほかにも(とり)(さる)など、全部(ぜんぶ)で30種類(しゅるい)以上(いじょう)動物(どうぶつ)がセンターに運ば(はこば)れています。 運ば(はこば)れた動物(どうぶつ)(なか)には、火事(かじ)(おや)死ん(しん)でしまったナマケモノの子ども(こども)もいます。センターによると、(もり)帰る(かえる)ことができない子ども(こども)動物(どうぶつ)は、これから動物(どうぶつ)(えん)などで生活(せいかつ)します。

Loading