ユニクロ すぐに乾く服をペットボトルから作る

ユニクロ すぐに乾く(かわく)(ふく)をペットボトルから作る(つくる)

ユニクロの会社(かいしゃ)は16(にち)使っ(つかっ)たあとのペットボトルから新しい(あたらしい)(ふく)作っ(つくっ)て、来年(らいねん)(はる)から売る(うる)発表(はっぴょう)しました。この(ふく)は、ペットボトルをリサイクルした(いと)作っ(つくっ)ていて、ぬれてもすぐに乾き(かわき)ます。 (いま)もペットボトルから作っ(つくっ)(ふく)はあります。ユニクロは新しい(あたらしい)技術(ぎじゅつ)(いま)までよりずっと細い(ほそい)(いと)作っ(つくっ)て、すぐに乾く(かわく)(ふく)作る(つくる)ことができるようになりました。 世界(せかい)では、会社(かいしゃ)環境(かんきょう)()をつけたり、社会(しゃかい)役に立つ(やくにたつ)ことをしたりすることが必要(ひつよう)だと言わ(いわ)れています。ユニクロは「特に(とくに)若い(わかい)(ひと)環境(かんきょう)社会(しゃかい)についてよく考え(かんがえ)ているので、環境(かんきょう)問題(もんだい)考え(かんがえ)(ふく)作る(つくる)ことは会社(かいしゃ)のためになります」と言っ(いっ)ています。

Loading