ウェブサイトでほかの人から買ったチケットの相談が増える

ウェブサイトでほかの(ひと)から買っ(かっ)たチケットの相談(そうだん)増える(ふえる)

国民(こくみん)生活(せいかつ)センターによると、インターネットのウェブサイトやSNSなどで、ほかの(ひと)売る(うる)チケットを買っ(かっ)(ひと)からの相談(そうだん)増え(ふえ)ています。今年(ことし)4月から8月までに2314(けん)相談(そうだん)がありました。5か月で、今年(ことし)3月までの1(ねん)より多く(おおく)なりました。 このうち500(けん)は、今月(こんげつ)20(にち)から始まる(はじまる)ラグビーのワールドカップのチケットについての相談(そうだん)でした。 名前(なまえ)書い(かい)てある(ひと)だけが使う(つかう)ことができるチケットだったので自分(じぶん)使う(つかう)ことができないとか、お金を払っ(はらっ)たのにチケットが届か(とどか)ないという相談(そうだん)がありました。 今年(ことし)6月、買っ(かっ)値段(ねだん)より高く(たかく)チケットを売る(うる)ことが法律(ほうりつ)禁止(きんし)になりました。国民(こくみん)生活(せいかつ)センターは「インターネットでチケットを買う(かう)ときは、正式(せいしき)なウェブサイトから買っ(かっ)てください」と話し(はなし)ています。

Loading