60(さい)以上(いじょう)女性(じょせい)たちがスマートフォンを使っ(つかっ)払い(はらい)(かた)習う(ならう)

10月1(にち)から消費(しょうひ)(ぜい)上がり(あがり)ます。10月から来年(らいねん)6月までは、買い物(かいもの)のときスマートフォンのアプリなどでお金を払う(はらう)と、ポイントをもらうことができます。 東京(とうきょう)で11(にち)、50(さい)以上(いじょう)女性(じょせい)のための雑誌(ざっし)作っ(つくっ)ている会社(かいしゃ)が、スマートフォンを使っ(つかっ)たお金の払い(はらい)(かた)勉強(べんきょう)(かい)開き(ひらき)ました。60(さい)以上(いじょう)女性(じょせい)35(にん)参加(さんか)しました。 勉強(べんきょう)(かい)先生(せんせい)は、ポイントをもらうことができる(みせ)にはポスターやステッカーが貼っ(はっ)てあることなどを紹介(しょうかい)しました。そして、スマートフォンをほかの(ひと)使わ(つかわ)れないようにロックすることや、払っ(はらっ)たお金の記録(きろく)をチェックすることが大切(たいせつ)だと言い(いい)ました。女性(じょせい)たちは自分(じぶん)のスマートフォンにアプリを入れ(いれ)て、払い(はらい)(かた)習い(ならい)ました。 79(さい)女性(じょせい)は「財布(さいふ)から細かい(こまかい)お金を出さ(ださ)なくていいので、便利(べんり)になると思い(おもい)ます。(いま)時代(じだい)払い(はらい)(かた)覚え(おぼえ)たいです」と話し(はなし)ていました。

Loading