鳥取県の高校生がいのししの肉で新しい食品を作る

鳥取(とっとり)(けん)高校生(こうこうせい)がいのししの(にく)新しい(あたらしい)食品(しょくひん)作る(つくる)

鳥取(とっとり)(けん)では、(はたけ)野菜(やさい)などを守る(まもる)ためいのししを捕まえ(つかまえ)ています。捕まえ(つかまえ)たいのししの(にく)使っ(つかっ)て、米子(よなご)()高校(こうこう)の2(にん)女子(じょし)生徒(せいと)が2つの新しい(あたらしい)食品(しょくひん)作り(つくり)ました。半年(はんとし)考え(かんがえ)作っ(つくっ)たと話し(はなし)ています。 1つは、炊き込み(たきこみ)ごはんを作る(つくる)ための材料(ざいりょう)で、ごはんを炊く(たく)ときに入れ(いれ)ます。食べ(たべ)やすい(あじ)にするために、脂肪(しぼう)少ない(すくない)(あし)(にく)使っ(つかっ)ています。もう1つは、パスタにかけるソースで、みそを使っ(つかっ)ています。 9(にち)、この食品(しょくひん)作っ(つくっ)料理(りょうり)紹介(しょうかい)する(かい)がありました。料理(りょうり)食べ(たべ)(ひと)は「いのししの(にく)をうまく使っ(つかっ)ていて、おいしいです」と話し(はなし)ていました。料理(りょうり)作っ(つくっ)高校生(こうこうせい)は「鳥取(とっとり)(けん)をもっと元気(げんき)にしたいです」と話し(はなし)ていました。この食品(しょくひん)は9月の中旬(ちゅうじゅん)から売る(うる)予定(よてい)です。

Loading