フランスの美術館(びじゅつかん)が「(はだか)のモナリザ」を展示(てんじ)

今年(ことし)は、レオナルド・ダビンチが亡くなっ(なくなっ)てから500(ねん)になります。フランスのパリの近く(ちかく)にあるコンデ美術館(びじゅつかん)は、「(はだか)のモナリザ」と呼ば(よば)れる()来月(らいげつ)から展示(てんじ)します。この()は、ダビンチがかいた「モナリザ」とよく()ています。 美術館(びじゅつかん)によると、この()はダビンチが仕事(しごと)をしていた場所(ばしょ)で「モナリザ」のあとにかかれました。この()には、(ひだり)()でかいた部分(ぶぶん)があります。このため、(ひだり)()()をかいていたダビンチが()一部(いちぶ)をかいた可能(かのう)(せい)高い(たかい)言わ(いわ)れています。()女性(じょせい)(むね)膨らん(ふくらん)でいますが、(うで)には男性(だんせい)のような筋肉(きんにく)がついています。 美術館(びじゅつかん)(ひと)は「男性(だんせい)美し(うつくし)さと女性(じょせい)美し(うつくし)さをかいたのだと思い(おもい)ます。ダビンチが考える(かんがえる)理想(りそう)美し(うつくし)さだと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ていました。

Loading