がんが見つかっ(みつかっ)てから治療(ちりょう)で5(ねん)以上(いじょう)生き(いき)ている(ひと)は66%

国立(こくりつ)がん研究(けんきゅう)センターは、2010(ねん)までの2(ねん)()に277の病院(びょういん)で「がん」の治療(ちりょう)をした57(まん)(にん)について調べ(しらべ)ました。 治療(ちりょう)をした(ひと)(なか)で、がんが見つかっ(みつかっ)てから5(ねん)以上(いじょう)生き(いき)ている(ひと)は66%いました。この割合(わりあい)で、どのくらいの(ひと)治療(ちりょう)助ける(たすける)ことができたかがわかります。 割合(わりあい)がいちばん高かっ(たかかっ)たのは、男性(だんせい)だけにある前立腺(ぜんりつせん)のがんで99%でした。次に(つぎに)高かっ(たかかっ)乳がん(にゅうがん)は93%でした。女性(じょせい)だけのがんの子宮(しきゅう)(たい)がんは82%、子宮(しきゅう)頸がんは75%でした。日本(にっぽん)多い(おおい)大腸(だいちょう)がんは73%、胃がん(いがん)は72%、ぼうこうがんは70%でした。 5(ねん)以上(いじょう)生き(いき)ている(ひと)割合(わりあい)がいちばん低かっ(ひくかっ)たのは、すい臓がんで10%でした。次に(つぎに)低かっ(ひくかっ)肝臓(かんぞう)がんは40%、肺がん(はいがん)は41%、食道(しょくどう)がんは44%でした。

Loading