子どもへの体罰を禁止する法律ができる

子ども(こども)への体罰(たいばつ)禁止(きんし)する法律(ほうりつ)ができる

子ども(こども)への虐待(ぎゃくたい)をなくすための法律(ほうりつ)ができて、(おや)子ども(こども)教育(きょういく)するために、たたいたり蹴っ(けっ)たりする体罰(たいばつ)禁止(きんし)することになりました。 最近(さいきん)(おや)虐待(ぎゃくたい)された子ども(こども)児童(じどう)相談(そうだん)(しょ)守る(まもる)ことができなくて、子ども(こども)亡くなる(なくなる)事件(じけん)続い(つずい)ています。このため、法律(ほうりつ)では児童(じどう)相談(そうだん)(しょ)(ちから)強く(つよく)しました。医者(いしゃ)保健(ほけん)()児童(じどう)相談(そうだん)(しょ)意見(いけん)言っ(いっ)たり相談(そうだん)聞い(きい)たりするようにしました。児童(じどう)相談(そうだん)(しょ)は、相談(そうだん)する弁護士(べんごし)決め(きめ)ておかなければなりません。 法律(ほうりつ)では虐待(ぎゃくたい)をした(おや)専門(せんもん)()子ども(こども)育て(そだて)(かた)教え(おしえ)たり、子ども(こども)守る(まもる)仕事(しごと)をする専門(せんもん)職員(しょくいん)増やし(ふやし)たりすることも決まり(きまり)ました。 日本(にっぽん)(まえ)からある法律(ほうりつ)では、(おや)には子ども(こども)叱る(しかる)権利(けんり)があると決め(きめ)ています。このため、虐待(ぎゃくたい)したときに叱っ(しかっ)ていただけだと言う(いう)(おや)がいます。新しい(あたらしい)法律(ほうりつ)では、(おや)叱る(しかる)権利(けんり)をなくしたり変え(かえ)たりすることも話し合う(はなしあう)決め(きめ)ています。

Loading