どこへ行ったかわからなくなった認知症の人 去年最も多い

どこへ行っ(いっ)たかわからなくなった認知(にんち)(しょう)(ひと) 去年(きょねん)最も(もっとも)多い(おおい)

認知(にんち)(しょう)という病気(びょうき)になると、自分(じぶん)名前(なまえ)忘れ(わすれ)たり、どこにいるかわからなくなったりします。認知(にんち)(しょう)(ひと)が、出かけ(でかけ)たあとどこへ行っ(いっ)たかわからなくなることが増え(ふえ)ています。 警察庁(けいさつちょう)によると、「認知(にんち)(しょう)(ひと)がどこへ行っ(いっ)たかわからない」と家族(かぞく)などが警察(けいさつ)知らせ(しらせ)(かず)は、去年(きょねん)は1(まん)6927でした。6(ねん)続け(つずけ)て1(まん)以上(いじょう)になって、7(ねん)(まえ)調べ(しらべ)始め(はじめ)てから最も(もっとも)多く(おおく)なりました。 ほとんどの(ひと)去年(きょねん)見つかり(みつかり)ましたが、197(にん)はまだ見つかっ(みつかっ)ていません。 警察(けいさつ)では、早く(はやく)見つける(みつける)ことができるように、認知(にんち)(しょう)(ひと)がどのようなことをするかなど専門(せんもん)勉強(べんきょう)をしています。そして、さがしている(ひと)写真(しゃしん)情報(じょうほう)をまとめて、すぐ調べる(しらべる)ことができるようにしています。

Loading