日本の大きな3つの銀行 店や働く人を減らす

日本(にっぽん)大きな(おおきな)3つの銀行(ぎんこう) (みせ)働く(はたらく)(ひと)減らす(へらす)

低い(ひくい)利子(りし)長い(ながい)()続い(つずい)て、銀行(ぎんこう)経営(けいえい)厳しく(きびしく)なっています。日本(にっぽん)大きな(おおきな)3つの銀行(ぎんこう)のグループは、働く(はたらく)(ひと)(みせ)などを減らそ(へらそ)うと考え(かんがえ)ています。 三井住友銀行(みついすみともぎんこう)のグループは、5000(にん)ぐらいで行っ(おこなっ)ている(りょう)仕事(しごと)を、来年(らいねん)3月までに機械(きかい)行う(おこなう)ことにします。働く(はたらく)(ひと)も4000(にん)ぐらい減り(へり)そうです。 三菱(みつびし)UFJ銀行(ぎんこう)は、2024(ねん)3月までに(みせ)を180ぐらい減らし(へらし)ます。(いま)ある(みせ)のうち35%がなくなります。仕事(しごと)(りょう)減らし(へらし)て、1(まん)(にん)以上(いじょう)(ひと)行っ(おこなっ)ている仕事(しごと)をなくします。 みずほフィナンシャルグループも、2025(ねん)3月までに(みせ)を130減らし(へらし)ます。働く(はたらく)(ひと)は2027(ねん)3月までに、1(まん)9000(にん)減らし(へらし)ます。 ITの会社(かいしゃ)なども銀行(ぎんこう)仕事(しごと)始め(はじめ)ているため、競争(きょうそう)厳しく(きびしく)なっています。銀行(ぎんこう)は、(きゃく)不便(ふべん)にならないようにしながら(みせ)働く(はたらく)(ひと)減らす(へらす)ことや、利益(りえき)()そうな仕事(しごと)社員(しゃいん)使う(つかう)ことが必要(ひつよう)になっています。

Loading