NASA 土星を回る星にドローンのような探査機を送る

NASA 土星(どせい)回る(まわる)(ほし)にドローンのような探査(たんさ)()送る(おくる)

アメリカのNASAは27(にち)、「2034(ねん)に、土星(どせい)周り(まわり)回っ(まわっ)ている(ほし)(なか)でいちばん大きい(おおきい)タイタンに、探査(たんさ)()送る(おくる)」と発表(はっぴょう)しました。 探査(たんさ)()は「ドラゴンフライ」という名前(なまえ)です。ドローンのように(そら)飛ん(とん)だり、タイタンに下り(おり)たりすることができます。 タイタンの周り(まわり)にある空気(くうき)(そう)はとても厚く(あつく)て、液体(えきたい)になったメタンガスが(かわ)(みずうみ)など地球(ちきゅう)のような景色(けしき)をつくっていると考え(かんがえ)られています。そして有機物(ゆうきぶつ)がたくさんあって、生き物(いきもの)必要(ひつよう)なものが全部(ぜんぶ)あると言わ(いわ)れています。 NASAは2026(ねん)探査(たんさ)()打ち上げ(うちあげ)て、タイタンには2034(ねん)着く(つく)計画(けいかく)です。 そのあと2(ねん)(はん)以上(いじょう)探査(たんさ)()はタイタンで写真(しゃしん)撮っ(とっ)たり、空気(くうき)有機物(ゆうきぶつ)細かく(こまかく)調べ(しらべ)たりします。NASAはタイタンを調べ(しらべ)て、地球(ちきゅう)生き物(いきもの)がどうやって生まれ(うまれ)たか知り(しり)たいと考え(かんがえ)ています。

Loading