雑誌(ざっし)図書館(としょかん)大宅(おおたく)壮一(そういち)文庫(ぶんこ)」を続ける(つずける)ために寄付(きふ)集める(あつめる)

東京(とうきょう)()世田谷(せたがや)()にある「大宅(おおたく)壮一(そういち)文庫(ぶんこ)」は、1971(ねん)にできた日本(にっぽん)最初(さいしょ)雑誌(ざっし)図書館(としょかん)です。有名(ゆうめい)なジャーナリストの大宅(おおたく)壮一(そういち)さんが集め(あつめ)たりした1(まん)2600種類(しゅるい)雑誌(ざっし)が80(まん)(さつ)あります。しかし、みんながインターネットを使う(つかう)ようになってから、大宅(おおたく)壮一(そういち)文庫(ぶんこ)利用(りよう)する(ひと)減っ(へっ)て、経営(けいえい)難しく(むずかしく)なりました。 このため、大宅(おおたく)壮一(そういち)文庫(ぶんこ)は8月から寄付(きふ)集める(あつめる)ことにしました。寄付(きふ)は1(にん)(まん)(えん)から、会社(かいしゃ)団体(だんたい)は10(まん)(えん)からです。 大宅(おおたく)壮一(そういち)文庫(ぶんこ)は「ここにある雑誌(ざっし)には、インターネットにはない情報(じょうほう)がたくさん書い(かい)てあります。この場所(ばしょ)をなくしてはいけないと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ています。

Loading