子どもへの虐待 今まででいちばん多い約16万件

子ども(こども)への虐待(ぎゃくたい) (いま)まででいちばん多い(おおい)(やく)16(まん)(けん)

児童(じどう)相談(そうだん)(しょ)子ども(こども)守る(まもる)仕事(しごと)をしています。 厚生(こうせい)労働省(ろうどうしょう)によると、今年(ことし)3月までの1(ねん)児童(じどう)相談(そうだん)(しょ)が「(おや)などが子ども(こども)虐待(ぎゃくたい)している」と聞い(きい)家庭(かてい)調べ(しらべ)たりした(かず)は、15(まん)9850(けん)ありました。(まえ)の1(ねん)より2(まん)6000(けん)以上(いじょう)増え(ふえ)て、(いま)まででいちばん多く(おおく)なりました。 虐待(ぎゃくたい)半分(はんぶん)以上(いじょう)は、子ども(こども)にひどいことを言っ(いっ)たり、子ども(こども)(まえ)家族(かぞく)をたたいたりする(こころ)虐待(ぎゃくたい)で、(やく)(まん)8000(けん)ありました。次に(つぎに)多かっ(おおかっ)たのは子ども(こども)をたたいたり蹴っ(けっ)たりする(からだ)虐待(ぎゃくたい)で、その(つぎ)子ども(こども)世話(せわ)をしない虐待(ぎゃくたい)でした。 厚生(こうせい)労働省(ろうどうしょう)は「虐待(ぎゃくたい)亡くなっ(なくなっ)子ども(こども)もいます。子ども(こども)守る(まもる)ため、児童(じどう)相談(そうだん)(しょ)がしっかり仕事(しごと)ができるように手伝い(てつだい)たいと思い(おもい)ます」と言っ(いっ)ています。

Loading