日本(にっぽん)正月(しょうがつ)料理(りょうり)使う(つかう)イセエビ アフリカでたくさんとれる

アフリカのナミビアの(うみ)でとれるイセエビは、ほとんど日本(にっぽん)輸出(ゆしゅつ)しています。日本(にっぽん)では、正月(しょうがつ)食べる(たべる)おせち料理(りょうり)にこのエビを使っ(つかっ)ています。ナミビアのイセエビは小さく(ちいさく)て、おせち料理(りょうり)(はこ)入れ(いれ)やすいため人気(にんき)があります。日本(にっぽん)輸入(ゆにゅう)するイセエビの10%ぐらいは、ナミビアのものです。 ナミビアでは10月からイセエビの(りょう)始まっ(はじまっ)て、(みなと)にどんどん集まっ(あつまっ)ています。イセエビを輸出(ゆしゅつ)する会社(かいしゃ)工場(こうじょう)では、大き(おおき)さや(かたち)がいいものを選ん(えらん)で、(から)がついたまま冷凍(れいとう)していました。 日本(にっぽん)輸出(ゆしゅつ)するイセエビの値段(ねだん)は、全部(ぜんぶ)で3(おく)5000(まん)(えん)以上(いじょう)になりそうです。会社(かいしゃ)(ひと)は「日本(にっぽん)にイセエビを売る(うる)ことは、ナミビアの経済(けいざい)役に立っ(やくにたっ)ています。イセエビはナミビアと日本(にっぽん)のいい関係(かんけい)作っ(つくっ)ています」と話し(はなし)ていました。

Loading