エジプト ツタンカーメンの(きん)のひつぎを初めて(はじめて)(はか)から出し(だし)

エジプトの(むかし)(おう)、ツタンカーメンの(きん)のひつぎは1922(ねん)見つかり(みつかり)ました。そのあとはずっと、ルクソールの「王家(おうけ)(たに)」にある(はか)にありました。 エジプトでは、日本(にっぽん)協力(きょうりょく)して「(だい)エジプト博物館(はくぶつかん)」をつくっていて、来年(らいねん)オープンする予定(よてい)です。この博物館(はくぶつかん)にひつぎを置い(おい)てみんなに見せる(みせる)ために、4(にち)初めて(はじめて)(はか)から出し(だし)ました。 (きん)のひつぎは美しく(うつくしく)光っ(ひかっ)ていますが、割れ(われ)たり壊れ(こわれ)たりしているため、これから直し(なおし)ます。エジプトの政府(せいふ)は「直す(なおす)ために8か月かかります。そのあと、この有名(ゆうめい)なひつぎをみんなに見せ(みせ)たいと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ていました。 (だい)エジプト博物館(はくぶつかん)では、ツタンカーメンの(はか)入っ(はいっ)ていた5000()(もの)見せる(みせる)ことになっています。

Loading