コンビニのミニストップ「おにぎりはどれでも108円」

コンビニのミニストップ「おにぎりはどれでも108(えん)

コンビニのミニストップは2(にち)から、(みせ)売る(うる)おにぎりの値段(ねだん)下げ(さげ)ました。おにぎりはどれでも108(えん)です。(いま)までいちばん値段(ねだん)高かっ(たかかっ)たおにぎりは140(えん)で、32(えん)安く(やすく)なります。 ミニストップは、おにぎりの大き(おおき)さや材料(ざいりょう)(いま)までと同じ(おなじ)で、おにぎりの種類(しゅるい)少なく(すくなく)したから安く(やすく)できたと言っ(いっ)ています。そして、おにぎりを買い(かい)()たお客さんにほかの(もの)買っ(かっ)てほしいと言っ(いっ)ています。 ミニストップの(ひと)は「値段(ねだん)下げる(さげる)のは大変(たいへん)ですが、お客さんのために安く(やすく)ていい(もの)売っ(うっ)ていきたいです」と話し(はなし)ています。

Loading