57%の家庭が「生活が苦しい」

57%の家庭(かてい)が「生活(せいかつ)苦しい(くるしい)

厚生(こうせい)労働省(ろうどうしょう)去年(きょねん)7月、家庭(かてい)収入(しゅうにゅう)がおととしどのくらいだったか聞き(きき)ました。6000ぐらいの家庭(かてい)答え(こたえ)ました。 おととしの家庭(かてい)収入(しゅうにゅう)平均(へいきん)で551(まん)6000(えん)で、その(まえ)(とし)より8(まん)6000(えん)少なく(すくなく)なりました。 収入(しゅうにゅう)平均(へいきん)より少ない(すくない)家庭(かてい)は60%ぐらいで、(いま)まででいちばん多く(おおく)なりました。 生活(せいかつ)について聞く(きく)と、57%の家庭(かてい)が、お金が足り(たり)なくて生活(せいかつ)が「苦しい(くるしい)」と答え(こたえ)ました。特に(とくに)子ども(こども)がいる家庭(かてい)では62%、お年寄り(としより)家庭(かてい)では55%が「苦しい(くるしい)」と答え(こたえ)ました。 お年寄り(としより)家庭(かてい)収入(しゅうにゅう)は、全体(ぜんたい)平均(へいきん)より200(まん)(えん)以上(いじょう)少なく(すくなく)なっています。厚生(こうせい)労働省(ろうどうしょう)は、お年寄り(としより)多く(おおく)なって、収入(しゅうにゅう)少ない(すくない)家庭(かてい)増え(ふえ)たため、全体(ぜんたい)収入(しゅうにゅう)平均(へいきん)少なく(すくなく)なったと言っ(いっ)ています。

Loading