戦いが原因で亡くなったりけがをしたりした子どもが多くなる

戦い(たたかい)原因(げんいん)亡くなっ(なくなっ)たりけがをしたりした子ども(こども)多く(おおく)なる

国連(こくれん)は、アフリカなど戦い(たたかい)続い(つずい)ている(ところ)生活(せいかつ)している子ども(こども)たちについて調べ(しらべ)ています。 その結果(けっか)去年(きょねん)戦い(たたかい)原因(げんいん)亡くなっ(なくなっ)たり、けがをして(からだ)障害(しょうがい)残っ(のこっ)たりした子ども(こども)は、1(まん)2000(にん)以上(いじょう)いました。2005(ねん)調べ(しらべ)始め(はじめ)てから最も(もっとも)多く(おおく)なりました。 兵士(へいし)にされて戦い(たたかい)場所(ばしょ)連れ(つれ)行か(いか)れた子ども(こども)は7000(にん)以上(いじょう)いました。特に(とくに)アフリカのソマリアやナイジェリア、中東(ちゅうとう)のシリアに多く(おおく)いました。性的(せいてき)暴力(ぼうりょく)受け(うけ)ている子ども(こども)もいました。アフリカのマリでは、戦い(たたかい)原因(げんいん)で827の学校(がっこう)使う(つかう)ことができなくなって、24(まん)(にん)以上(いじょう)子ども(こども)勉強(べんきょう)できなくなりました。 国連(こくれん)のグテーレス事務(じむ)総長(そうちょう)は、戦い(たたかい)をしている(ひと)たちに、子ども(こども)市民(しみん)などを攻撃(こうげき)しないように言っ(いっ)ています。そして、子ども(こども)安全(あんぜん)守る(まもる)ためには平和(へいわ)がいちばん大切(たいせつ)なので、戦い(たたかい)終わり(おわり)にするように言っ(いっ)ています。

Loading