一流(いちりゅう)人物(じんぶつ)」と(えい)メディア称賛(しょうさん)! サラー、鼻骨(びこつ)骨折(こっせつ)した少年(しょうねん)と“衝撃(しょうげき)(てき)”な2ショット

リバプールFWサラー【写真(しゃしん):Getty Images】

サラーがリバプールの練習(れんしゅう)(じょう)訪れ(おとずれ)少年(しょうねん)優しい(やさしい)対応(たいおう)

 リバプールのエジプト代表(だいひょう)FWモハメド・サラーが、ファンの少年(しょうねん)一緒(いっしょ)撮っ(とっ)写真(しゃしん)反響(はんきょう)呼ん(よん)でいる。サラーが少年(しょうねん)(かた)()置い(おい)たツーショット写真(しゃしん)なのだが、その少年(しょうねん)鼻血(はなじ)出し(だし)泣い(ない)ており、衝撃(しょうげき)(てき)仕上がり(しあがり)となっている。

 英紙(えいし)「イブニング・スタンダード」によれば、サラーのファンである11(さい)のルイ・ファウラー少年(しょうねん)はリバプールの練習(れんしゅう)(じょう)見学(けんがく)向かっ(むかっ)たという。そして、練習(れんしゅう)(じょう)から()てきたサラーが乗っ(のっ)(くるま)追いかけ(おいかけ)ているときに、少年(しょうねん)興奮(こうふん)でサラーの(くるま)以外(いがい)見え(みえ)なくなり自ら(みずから)街灯(がいとう)にぶつかってノックアウトしたようだ。それに気がつい(きがつい)たサラーは(くるま)止め(とめ)少年(しょうねん)救助(きゅうじょ)向かい(むかい)、そのときにリクエストされて撮ら(とら)れた写真(しゃしん)だと伝え(つたえ)ている。

 ファウラー少年(しょうねん)はサラーに会え(あえ)たことで痛み(いたみ)消え(きえ)たと言っ(いっ)ていたようだが、その後に向かっ(むかっ)病院(びょういん)鼻骨(びこつ)骨折(こっせつ)診断(しんだん)された。それでも、サラーが助け(たすけ)てくれたことに感激(かんげき)し、感謝(かんしゃ)しているという。

 (えい)メディア「SPORF」もツイッターでサラーとファウラー少年(しょうねん)写真(しゃしん)紹介(しょうかい)し、倒れ(たおれ)少年(しょうねん)救護(きゅうご)向かっ(むかっ)たサラーを「一流(いちりゅう)人物(じんぶつ)」と称賛(しょうさん)している。

 一見(いっけん)痛々しい(いたいたしい)(いち)(まい)仕上がっ(しあがっ)写真(しゃしん)となったが、サラーの優しい(やさしい)対応(たいおう)のおかげでファウラー少年(しょうねん)鼻骨(びこつ)折っ(おっ)たことを後悔(こうかい)していないようだ。いずれにしても一生(いっしょう)思い出(おもいで)となったのは間違い(まちがい)ないが、サラーの優しい(やさしい)対応(たいおう)のおかげでファウラー少年(しょうねん)にとっては“良い(よい)思い出(おもいで)となったことだろう。(Football ZONE web編集(へんしゅう)()

Loading