ルカクはイカルディより(うえ)なのか? データから探る(さぐる)インテル”(しん)怪物(かいぶつ)FW”

ベルギー代表(だいひょう)のルカク photo/Getty Images

8000(まん)ユーロの移籍(いせき)(きん)見合う(みあう)活躍(かつやく)できるか

指揮(しき)(かん)アントニオ・コンテを迎え(むかえ)悲願(ひがん)のスクデット獲得(かくとく)着々(ちゃくちゃく)準備(じゅんび)進める(すすめる)インテル。(しん)戦力(せんりょく)(すう)(めい)加入(かにゅう)したが、中でも(なかでも)カギを握る(にぎる)のはFWロメル・ルカクではないだろうか。マンチェスター・ユナイテッドから獲得(かくとく)したルカクはコンテお気に入りのストライカーと言わ(いわ)れ、長年(ながねん)欲し(ほし)がっていた選手(せんしゅ)だ。コンテはマウロ・イカルディをプランに含め(ふくめ)ていないため、ルカクがどこまで得点(とくてん)奪える(うばえる)かが1つのポイントになる。

では、ルカクはセリエAの舞台(ぶたい)結果(けっか)残せる(のこせる)のか。()『Calciomercato』がデータからルカクの特長(とくちょう)探っ(さぐっ)ているが、まず評価(ひょうか)されているのはシュート精度(せいど)だ。ルカクは昨季(さくき)1試合(しあい)平均(へいきん)2.2(ほん)のシュートを放っ(はなっ)ているが、そのうち57.1%が(わく)捉え(とらえ)ている。数少ない(かずすくない)チャンスを確実(かくじつ)得点(とくてん)結びつける(むすびつける)という(てん)では、期待(きたい)できる数字(すうじ)言っ(いっ)ていいだろう。

空中(くうちゅう)(せん)強み(つよみ)の1つだ。ルカクにはパワーとスピードが揃っ(そろっ)ているが、空中(くうちゅう)(せん)でも1試合(しあい)平均(へいきん)7.01(かい)競り合っ(せりあっ)勝率(しょうりつ)は45.3%と悪く(わるく)ない。前線(ぜんせん)強引(ごういん)にボールを収める(おさめる)こともできるはずで、この能力(のうりょく)もコンテが好ん(このん)でいる理由(りゆう)だろう。

弱点(じゃくてん)挙げる(あげる)ならば、足下(あしもと)細かい(こまかい)技術(ぎじゅつ)だろうか。ドリブルで相手(あいて)DFを突破(とっぱ)するようなプレイはそれほど得意(とくい)ではなく、1試合(しあい)平均(へいきん)3.25(かい)のドリブルを試み(こころみ)成功(せいこう)(りつ)は50%と高く(たかく)ない。ゴール(まえ)結果(けっか)残す(のこす)タイプということができ、チャンスメイクの部分(ぶぶん)多く(おおく)望む(のぞむ)のは難しい(むずかしい)か。

残る(のこる)問題(もんだい)は、イカルディよりも良い(よい)FWなのかということだ。イカルディをプランから外す(はずす)のは指揮(しき)(かん)自由(じゆう)だが、ルカクがイカルディより優れ(すぐれ)数字(すうじ)残せ(のこせ)なければ意味(いみ)はない。イカルディは何かと(なにかと)トラブルもあったが、最前線(さいぜんせん)からチームを引っ張っ(ひっぱっ)てきた絶対(ぜったい)(てき)エースだった。ルカクにはイカルディ以上(いじょう)成績(せいせき)求め(もとめ)られる。

ルカク獲得(かくとく)はインテルにとって大きな(おおきな)チャレンジであり、移籍(いせき)(きん)は8000(まん)ユーロとも言わ(いわ)れている。移籍(いせき)(きん)見合う(みあう)数字(すうじ)残せる(のこせる)のか、ルカクが大当たり(おおあたり)とならなければスクデット獲得(かくとく)実現(じつげん)しないだろう。

最新(さいしん)情報(じょうほう)をtwitterで見よ(みよ)う!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

Loading