スアレスがやられた…あの因縁(いんねん)選手(せんしゅ)の「屈辱(くつじょく)ジェスチャー」がこれ

開幕(かいまく)(ぜん)最後(さいご)のプレシーズンマッチとして、アメリカでナポリとの親善(しんぜん)試合(しあい)2連戦(れんせん)行っ(おこなっ)たバルセロナ。

1試合(しあい)()は2-1、2試合(しあい)()は0-4で勝利(しょうり)し2連勝(れんしょう)飾っ(かざっ)た。

そうした(なか)、ウルグアイ代表(だいひょう)FWルイス・スアレスと相手(あいて)選手(せんしゅ)とのやり取りが話題(わだい)になっている。それがこれ。

スアレスに対して(ゆび)立てる(たてる)ジェスチャーをしていたのは、ギリシャ(じん)DFコスタス・マノラス。今季(こんき)ローマからナポリに移籍(いせき)したセンターバックだ。

マノラスとバルサといえば、そう!この因縁(いんねん)シーンである。

2017-18シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ準々(じゅんじゅん)決勝(けっしょう)、ローマ(たい)バルサ。カンプ・ノウでの1stレグはバルサが4-1で勝利(しょうり)していたが、オリンピコでの2ndレグはローマが0-3で勝っ(かっ)(だい)逆転(ぎゃくてん)

バルサにとっては悪夢(あくむ)のような(いち)(せん)最後(さいご)の3(てん)()決め(きめ)たのがマノラスだった。(かれ)は3(ほん)(ゆび)立て(たて)て、この試合(しあい)のスコアをスアレスに見せつけ(みせつけ)ていたようだ。

バルサは日本(にっぽん)時間(じかん)17(にち)のリーガ開幕(かいまく)(せん)でアスレティック・ビルバオと対戦(たいせん)する。

Loading