インディ500予選(よせん)落ち(おち)の”屈辱(くつじょく)”が、マクラーレンがインディカーへのフル参戦(さんせん)決める(きめる)動機(どうき)になった?

 マクラーレンはシュミット・ピーターソンと提携(ていけい)して、2020(ねん)からインディカー・シリーズにフル参戦(さんせん)することを決め(きめ)た。

 マクラーレンは、2017(ねん)のインディ500にアンドレッティ・オートスポートと組ん(くん)参戦(さんせん)。リードラップを記録(きろく)するなど活躍(かつやく)した。そして2019(ねん)のインディ500には、カーリンと組ん(くん)再び(ふたたび)参戦(さんせん)したが、フェルナンド・アロンソの(うで)持っ(もっ)てしても予選(よせん)通過(つうか)することすらできなかった。

 予選(よせん)落ち(おち)という事実(じじつ)は、マクラーレンという名門(めいもん)にとっては厳しい(きびしい)現実(げんじつ)だったはずだ。このことは、マクラーレンがインディカーにフル参戦(さんせん)するという今回(こんかい)決定(けってい)影響(えいきょう)及ぼす(およぼす)ことはなかったのか……それについて尋ね(たずね)られたマクラーレン・レーシングのCEOであるザク・ブラウンは、(つぎ)のように語っ(かたっ)た。

(わたし)多く(おおく)間違い(まちがい)犯し(おかし)た。そしてレーシングチームのみんなに対して(わたし)は、『ミスをすることは問題(もんだい)ない。ただ、同じ(おなじ)ミスを繰り返し(くりかえし)てはいけない』と語っ(かたっ)てきたんだ」

我々(われわれ)はその経験(けいけん)から、インディカーで戦い(たたかい)たいという欲望(よくぼう)がこれまで以上(いじょう)強く(つよく)なった。しかし、これまでとは(べつ)(かたち)挑む(いどむ)必要(ひつよう)があることは分かっ(わかっ)ていた。完全(かんぜん)にコミットするか、あるいは参戦(さんせん)しないかのどちらかだ」

「そのため、シュミット・ピーターソンとの長期(ちょうき)にわたる完全(かんぜん)提携(ていけい)実現(じつげん)することができ、非常(ひじょう)嬉しく(うれしく)思っ(おもっ)ている。テイラー(キール/シュミット・ピーターソンのマネージングディレクター)とジル・ド・フェラン(マクラーレンのづポーティングディレクター)がこのプロジェクトを率い(ひきい)てくれることについて、とても満足(まんぞく)している。ふたつの組織(そしき)統合(とうごう)するため、これ以上(いじょう)のリーダーシップは考え(かんがえ)られなかった」

 ブラウンは、マクラーレンがインディカー・シリーズに参戦(さんせん)するのは、時間(じかん)問題(もんだい)であると語っ(かたっ)てきた。しかし2019(ねん)のインディ500で予選(よせん)落ち(おち)喫し(きっし)たことは、この計画(けいかく)疑問符(ぎもんふ)投げかける(なげかける)ことはなかったか……そう尋ね(たずね)られたブラウンは、(つぎ)のように説明(せつめい)した。

確か(たしか)にその(インディ500で予選(よせん)落ち(おち)喫し(きっし)た)時点(じてん)では後退(こうたい)するような状態(じょうたい)だった。しかし、マクラーレンは長い(ながい)ことレースを続け(つずけ)てきた。レースでは、後退(こうたい)することもある。もちろん、インディ500での予選(よせん)落ち(おち)大きな(おおきな)後退(こうたい)だった。しかしそれと同時に(どうじに)再び(ふたたび)そこに戻り(もどり)、さらに戦い(たたかい)たいという動機(どうき)になった。その瞬間(しゅんかん)はそうではなかった。でも、一度(いちど)レースの苦労(くろう)乗り越え(のりこえ)てしまえば、マクラーレンの世界(せかい)では……我々(われわれ)はレーサーなんだ」

「インディ500で予選落ち(よせんおち)したことは、もちろん我々(われわれ)にとっての助け(たすけ)にはならなかった。しかし、(きず)にもならなかったんだ。インディカーに参加(さんか)したいということに限っ(かぎっ)言え(いえ)ば、それは変わら(かわら)なかった」

我々(われわれ)取締役(とりしまりやく)(かい)は、常に(つねに)適切(てきせつ)状況(じょうきょう)条件下(じょうけんか)で、インディカーに注目(ちゅうもく)してきた。それは、我々(われわれ)がしばらくの間取り(まどり)組ん(くん)できたことだ。インディカーに行く(いく)ことができる条件(じょうけん)……幸い(さいわい)なことに、我々(われわれ)はそれをまとめ上げる(あげる)ことができた」

 シュミット・ピーターソンは、長く(ながく)にわたってホンダエンジンを使っ(つかっ)てきた。しかし今回(こんかい)(どう)チームと提携(ていけい)してインディカーに参戦(さんせん)するマクラーレンは、シボレーエンジンの使用(しよう)決め(きめ)た。このことは、今回(こんかい)決定(けってい)における最も(もっとも)驚く(おどろく)べき部分(ぶぶん)だと言える(いえる)だろう。

 これについてブラウンは、(つぎ)のように語っ(かたっ)た。

「いくつかの選択肢(せんたくし)があったが、このことは際立っ(きわだっ)ていた。テイラーとジョン・フラック(シュミット・ピーターソンのチーム代表(だいひょう))には、技術(ぎじゅつ)(めん)とビジネス(めん)両方(りょうほう)でリーダーシップがあり、我々(われわれ)はそれをとても高く(たかく)評価(ひょうか)している。そして彼ら(かれら)は、マクラーレンと非常(ひじょう)相性(あいしょう)良い(よい)ことは分かっ(わかっ)ていた。そして、シボレーともね」

「ジョンはかつて、JMI(ジャスト・マーケティング・インターナショナル)時代(じだい)(わたし)上司(じょうし)だった。だから、(かれ)がどうオペレーションするのかは分かっ(わかっ)ている。共同(きょうどう)オーナーであるサム(シュミット)はレーサーだし、インディ・ライツの時代(じだい)からリック(ピーターソン)のことも知っ(しっ)ている。このチームには親しみ(したしみ)があったんだ」

「(メインスポンサーである)アローは、我々(われわれ)結びつける(むすびつける)(うえ)大きな(おおきな)意味(いみ)持つ(もつ)パートナーだった。様々(さまざま)なオプションを試し(ためし)、シュミット・ピーターソンは全て(すべて)のことを確認(かくにん)したのだ。しかも彼ら(かれら)は、素晴らしい(すばらしい)基盤(きばん)持っ(もっ)ている」

彼ら(かれら)はレースに勝つ(かつ)我々(われわれ)明らか(あきらか)に、より頻繁(ひんぱん)にレースに勝ち(かち)たいと思っ(おもっ)ている。しかし、彼ら(かれら)にはチームとしての素晴らしい(すばらしい)基盤(きばん)があった。ただ技術(ぎじゅつ)(てき)なノウハウ、技術(ぎじゅつ)(めん)のリソース、財務(ざいむ)(てき)なリソースには改善(かいぜん)余地(よち)がある。マクラーレンをその組織(そしき)(シュミット・ピーターソン)に接続(せつぞく)することは、彼ら(かれら)はすでに持っ(もっ)ているモノを高め(たかめ)ていくのに役立つ(やくだつ)思う(おもう)。そして、常に(つねに)最前線(さいぜんせん)にいるチームとの()をできるだけ早く(はやく)縮める(ちじめる)のにも(やく)にたつだろう」

Loading