京都(きょうと)空襲(くうしゅう)がなかった」という誤解(ごかい) 西陣織(にしじんおり)(まち)落とさ(おとさ)れた爆弾(ばくだん)爪痕(つめあと)

 戦時(せんじ)(ちゅう)(はなし)になると、「京都(きょうと)空襲(くうしゅう)がなかった」とよく言わ(いわ)れる。最近(さいきん)もツイッターで話題(わだい)になっていた。しかし、京都(きょうと)市内(しない)には(べい)(ぐん)空襲(くうしゅう)少なくとも(すくなくとも)(かい)あり、犠牲(ぎせい)(しゃ)も100(にん)ほど()ている。その(なか)最も(もっとも)被害(ひがい)大きかっ(おおきかっ)たのが、織物(おりもの)産業(さんぎょう)有名(ゆうめい)西陣(にしじん)地域(ちいき)狙わ(ねらわ)れた西陣(にしじん)空襲(くうしゅう)だ。当時(とうじ)被害(ひがい)(いま)も、地元(じもと)住民(じゅうみん)大切(たいせつ)語り継が(かたりつが)れている。この(なつ)、その活動(かつどう)一環(いっかん)行わ(おこなわ)れた(まち)歩き(あるき)参加(さんか)した。この京都(きょうと)片隅(かたすみ)であった空襲(くうしゅう)について紹介(しょうかい)する。

 1945(ねん)6月26(にち)季節(きせつ)梅雨(つゆ)時期(じき)だったが、京都(きょうと)晴れ(はれ)ていた。午前(ごぜん)()40(ふん)ごろ、1()のB29が京都(きょうと)()上京(かみぎょう)()上空(じょうくう)飛来(ひらい)し、1トン爆弾(ばくだん)を7(はつ)投下(とうか)した。住宅(じゅうたく)など300(むね)以上(いじょう)被害(ひがい)受け(うけ)(やく)50(にん)死亡(しぼう)した。

 空襲(くうしゅう)から74(ねん)織物(おりもの)産業(さんぎょう)盛ん(さかん)だったころの下町(したまち)風情(ふぜい)残す(のこす)西陣(にしじん)地域(ちいき)だが、空襲(くうしゅう)痕跡(こんせき)はうかがえない。数少ない(かずすくない)よすがといえば、爆弾(ばくだん)落ち(おち)地域(ちいき)にある辰巳(たつみ)公園(こうえん)上京(かみぎょう)()智恵(ちえ)(ひかり)(いん)(どおり)()長者(ちょうじゃ)(まち)上ル(あがる))に設け(もうけ)られた「空爆(くうばく)被災(ひさい)記録(きろく)する(いしぶみ)」くらいだ。

 石碑(せきひ)(まえ)では毎年(まいとし)6月、空襲(くうしゅう)のあった()合わせ(あわせ)当時(とうじ)記憶(きおく)する(ひと)地元(じもと)住民(じゅうみん)らによる追悼(ついとう)献花(けんか)(しき)催さ(もよおさ)れていたが、今年(ことし)見送ら(みおくら)れた。その代わり(かわり)地元(じもと)有志(ゆうし)らが6月下旬(げじゅん)爆弾(ばくだん)落ち(おち)地点(ちてん)をたどる(まち)歩き(あるき)企画(きかく)した。

 地元(じもと)歴史(れきし)詳しい(くわしい)(ふる)(たけ)博司(ひろし)さん(74)が地図(ちず)のコピーを見せ(みせ)空襲(くうしゅう)のあった範囲(はんい)紹介(しょうかい)する。爆弾(ばくだん)投下(とうか)されたのは、400メートル四方(しほう)範囲(はんい)だ。さらに上京(かみぎょう)()の「まちづくりアドバイザー」松井(まつい)朋子(ともこ)さん(44)が「出水(しゅっすい)(こう)(ひゃく)(ねん)()」など小学校(しょうがっこう)記念(きねん)()記述(きじゅつ)(もと)にした資料(しりょう)配布(はいふ)した。石碑(せきひ)のある辰巳(たつみ)公園(こうえん)がスタート地点(ちてん)だ。

 周辺(しゅうへん)には爆弾(ばくだん)落ち(おち)場所(ばしょ)点在(てんざい)している。松井(まつい)さんによると、公園(こうえん)西(にし)(となり)には(さけ)(てん)があり、家族(かぞく)(にん)犠牲(ぎせい)となった。さらに(きた)に50メートルほどいった付近(ふきん)には牛乳(ぎゅうにゅう)(てん)があり、経営(けいえい)(しゃ)(つま)亡くなっ(なくなっ)たほか、荷車(にぐるま)引い(ひい)ていた(うま)死ん(しん)だ。公園(こうえん)から(やく)300メートル南東(なんとう)には薬局(やっきょく)があり、経営(けいえい)(しゃ)家族(かぞく)従業(じゅうぎょう)(いん)合わせ(あわせ)て4(にん)犠牲(ぎせい)となった。

 空襲(くうしゅう)があった地域(ちいき)最南端(さいなんたん)昌福(まさとみ)(てら)がある。境内(けいだい)落ち(おち)爆弾(ばくだん)破片(はへん)(いま)も、近く(ちかく)老舗(しにせ)(あぶら)(てん)のショーウインドーに空襲(くうしゅう)証拠(しょうこ)として展示(てんじ)されている。
 全て(すべて)爆弾(ばくだん)落下(らっか)地点(ちてん)巡っ(めぐっ)ても、30(ふん)余り(あまり)しかかからない。それほど狭い(せまい)範囲(はんい)(やく)50(にん)亡くなっ(なくなっ)たという事実(じじつ)に、空襲(くうしゅう)悲惨(ひさん)さを改めて(あらためて)実感(じっかん)させられる。 

 松井(まつい)さんは言う(いう)。「自宅(じたく)近く(ちかく)(ひと)空襲(くうしゅう)亡くなっ(なくなっ)たのを話し(はなし)たがらない(ひと)もいる。地元(じもと)ではいまだにデリケートな話題(わだい)なんです」

(まいどなニュース/京都(きょうと)新聞(しんぶん)浅井(あさい) 佳穂(かほ)

Loading