あえて集落(しゅうらく)目指し(めざし)ているのか 夜間(やかん)(べい)(ぐん)ヘリの爆音(ばくおん) 張り巡らさ(はりめぐらさ)れた(そら)危険(きけん) 「負担(ふたん)軽減(けいげん)なっていない」

自身(じしん)牧草(ぼくそう)()にヘリが不時着(ふじちゃく)炎上(えんじょう)し「本当に(ほんとうに)事故(じこ)起こる(おこる)んだと痛感(つうかん)させられた」と話す(はなす)高江(たかえ)西銘(にしめ)(あきら)さん=2(にち)東村(あずまむら)高江(たかえ)

変わら(かわら)ない(そら) (おき)国大(こくだい)ヘリ墜落(ついらく)15(ねん)(5)(べい)(ぐん)訓練(くんれん)激化(げきか)する北部(ほくぶ)  西銘(にしめ)(あきら)さん(66)、金城(きんじょう)武政(たけまさ)さん(62)

 東村(あずまむら)高江(たかえ)西銘(にしめ)(あきら)さん(66)は15(ねん)(まえ)(くるま)運転(うんてん)(ちゅう)にラジオで沖縄国際大学(おきなわこくさいだいがく)へのヘリ墜落(ついらく)知っ(しっ)た。「またどこかに落ちる(おちる)のでは」。その不安(ふあん)現実(げんじつ)のものとして自身(じしん)降り(ふり)かかったのは、2017(ねん)10月のことだ。

 (まい)(ぐん)普天間(ふてんま)飛行場(ひこうじょう)所属(しょぞく)のCH53E大型(おおがた)輸送(ゆそう)ヘリが、西銘(にしめ)さんの牧草(ぼくそう)()不時着(ふじちゃく)炎上(えんじょう)機体(きたい)大破(たいは)し、周辺(しゅうへん)土壌(どじょう)西銘(にしめ)さんの同意(どうい)がないまま運び出さ(はこびださ)れた。

 (だか)()隣接(りんせつ)する(べい)(ぐん)北部(ほくぶ)訓練(くんれん)(じょう)過半(かはん)(やく)(せん)ヘクタール)が返還(へんかん)されたのは16(ねん)12月。政府(せいふ)は「基地(きち)負担(ふたん)軽減(けいげん)」を強調(きょうちょう)したが、高江(たかえ)周辺(しゅうへん)には6カ所の着陸(ちゃくりく)(たい)(ヘリパッド)が返還(へんかん)条件(じょうけん)として新設(しんせつ)された。牧草(ぼくそう)()炎上(えんじょう)事故(じこ)はその(やく)(ねん)()だった。

 西銘(にしめ)さんは「返還(へんかん)()午後(ごご)11()ごろまで飛行(ひこう)することがしばしば。負担(ふたん)軽減(けいげん)になっていない」と嘆く(なげく)沖縄(おきなわ)防衛(ぼうえい)(きょく)測定(そくてい)で60デシベル以上(いじょう)騒音(そうおん)は18年度(ねんど)高江(たかえ)()(うし)(どう)(くるま)(りょう)地域(ちいき)でそれぞれ過去(かこ)最多(さいた)となった。

 集落(しゅうらく)には(べい)軍機(ぐんき)避け(さけ)通る(とおる)ための航空(こうくう)標識(ひょうしき)(とう)新た(あらた)設置(せっち)されたものの、西銘(にしめ)さんは「標識(ひょうしき)(とう)目印(めじるし)にあえて集落(しゅうらく)目指し(めざし)ているのかと思う(おもう)くらい、特に(とくに)(よる)飛ん(とん)でいる。なんでわざわざこの上空(じょうくう)通る(とおる)のか」と怒る(おこる)

 一方(いっぽう)普天間(ふてんま)飛行場(ひこうじょう)移設(いせつ)(さき)として(しん)基地(きち)建設(けんせつ)工事(こうじ)進む(すすむ)名護(なご)()辺野古(へのこ)隣接(りんせつ)するキャンプ・シュワブ訓練(くんれん)(じょう)(ない)には六つ(むっつ)のヘリパッドがあり、「戦術(せんじゅつ)着陸(ちゃくりく)(たい)」に位置付け(いちずけ)られる。離着陸(りちゃくりく)旋回(せんかい)訓練(くんれん)実施(じっし)され、集落(しゅうらく)上空(じょうくう)飛行(ひこう)経路(けいろ)にかかっている。

 「人口(じんこう)多い(おおい)少ない(すくない)問題(もんだい)じゃない。一般(いっぱん)市民(しみん)をないがしろにされたら困る(こまる)」。辺野古(へのこ)住む(すむ)金城(きんじょう)武政(たけまさ)さん(62)は、(しん)基地(きち)ができれば訓練(くんれん)激し(はげし)さを増す(ます)懸念(けねん)する。

 政府(せいふ)辺野古(へのこ)移設(いせつ)すれば「飛行(ひこう)経路(けいろ)海上(かいじょう)変更(へんこう)され、騒音(そうおん)対策(たいさく)必要(ひつよう)住宅(じゅうたく)はゼロになる」と強調(きょうちょう)する。しかし、(べい)(ぐん)によると県内(けんない)(べい)(ぐん)施設(しせつ)設置(せっち)されているヘリパッドは88カ所。普天間(ふてんま)から辺野古(へのこ)移設(いせつ)されても、ヘリパッドでの訓練(くんれん)続く(つずく)。 

 「(しん)基地(きち)にはオスプレイが最大(さいだい)100()(ちゅう)()できるとされる。夜間(やかん)訓練(くんれん)当たり前(あたりまえ)になるんじゃないか」。県内(けんない)各地(かくち)(あみ)()のように張り巡らさ(はりめぐらさ)れた「(そら)危険(きけん)」。そこに絡め(からめ)とられた現実(げんじつ)が、金城(きんじょう)さんの(こころ)重く(おもく)する。

北部(ほくぶ)報道(ほうどう)()・當(めい)(ゆう)(よしみ)(りょう)謙太(けんた)(ろう)

Loading