アメリカ (じゅう)から子ども(こども)守る(まもる)リュックサックが売れ(うれ)ている

アメリカでは、(じゅう)撃た(うた)れて(ひと)亡くなる(なくなる)事件(じけん)続い(つずい)ています。このため、子ども(こども)安全(あんぜん)学校(がっこう)行く(いく)ことができるように、(じゅう)から(からだ)守る(まもる) リュックサックがよく売れ(うれ)ています。 アメリカのテキサス(しゅう)にある会社(かいしゃ)は、(じゅう)(たま)通ら(とおら)ない特別(とくべつ)(いた)入れ(いれ)たリュックサックを作っ(つくっ)ています。警察(けいさつ)(ひと)(からだ)守る(まもる)ために()ている(ふく)同じ(おなじ)ぐらいの(つよ)さで、値段(ねだん)は1(まん)5000(えん)ぐらいです。 13(さい)子ども(こども)がいる女性(じょせい)は「安く(やすく)ないですが、子ども(こども)守る(まもる)ために買い(かい)たいです」と話し(はなし)ています。(べつ)男性(だんせい)は「このようなリュックサックを持っ(もっ)学校(がっこう)行く(いく)子ども(こども)たちを想像(そうぞう)できません」と話し(はなし)ています。専門(せんもん)()は「リュックサックを使っ(つかっ)ても問題(もんだい)解決(かいけつ)することはできません。子ども(こども)安全(あんぜん)のためにどうしたらいいか、学校(がっこう)考え(かんがえ)なければなりません」と言っ(いっ)ています。

Loading