「百日せき」になる人が増える 赤ちゃんは特に気をつけて

(ひゃく)(にち)せき」になる(ひと)増える(ふえる) 赤ちゃん(あかちゃん)特に(とくに)()をつけて

(ひゃく)(にち)せき」は激しい(はげしい) せきが続く(つずく)病気(びょうき)で、細菌(さいきん)原因(げんいん)でうつります。生まれ(うまれ)てから6か月までの赤ちゃん(あかちゃん)がこの病気(びょうき)になると、肺炎(はいえん)になって亡くなる(なくなる)ことがあります。 (くに)研究所(けんきゅうじょ)によると、今年(ことし)1月から今月(こんげつ)(にち)までに(ひゃく)(にち)せきになった(ひと)が1(まん)(にん)以上(いじょう)になりました。去年(きょねん)(ねん)でこの病気(びょうき)になった(ひと)同じ(おなじ)ぐらいです。 (ひゃく)(にち)せきは子ども(こども)多い(おおい)病気(びょうき)ですが、去年(きょねん)この病気(びょうき)になった(ひと)のうち20%以上(いじょう)は20(さい)以上(いじょう)(ひと)でした。大人(おとな)はこの病気(びょうき)になってもひどくならないため、かぜだと思っ(おもっ)病院(びょういん)行か(いか)ないで、周り(まわり)(ひと)にうつしてしまうことがあります。 研究所(けんきゅうじょ)(ひと)は「赤ちゃん(あかちゃん)にはできるだけ早く(はやく)ワクチンの注射(ちゅうしゃ)をしてください。赤ちゃん(あかちゃん)近く(ちかく)にいる(ひと)は、せきが()たら病院(びょういん)行っ(いっ)てください」と話し(はなし)ています。

Loading