戦争(せんそう)終わっ(おわっ)てから74(ねん) 亡くなっ(なくなっ)(ひと)のために祈る(いのる)(しき)

15(にち)太平洋戦争(たいへいようせんそう)終わっ(おわっ)てから74(ねん)になりました。 東京(とうきょう)日本武道館(にほんぶどうかん)では、この戦争(せんそう)亡くなっ(なくなっ)(やく)310(まん)(にん)のために祈る(いのる)(しき)がありました。亡くなっ(なくなっ)(ひと)家族(かぞく)など(やく)6000(にん)出席(しゅっせき)しました。 (しき)最初(さいしょ)安倍(あべ)総理(そうり)大臣(だいじん)が「もう戦争(せんそう)はしないと誓い(ちかい)ます。この誓い(ちかい)昭和(しょうわ)平成(へいせい)(りょう)()時代(じだい)になっても決して(けっして)変わり(かわり)ません」と話し(はなし)ました。そして12()になると、みんなで()閉じ(とじ)静か(しずか)祈り(いのり)ました。 今年(ことし)5月に即位(そくい)した天皇陛下(てんのうへいか)初めて(はじめて)この(しき)出席(しゅっせき)して、「戦争(せんそう)でたくさんの(ひと)亡くなっ(なくなっ)たことをとても悲しく(かなしく)思い(おもい)ます。戦争(せんそう)がまた起こら(おこら)ないように強く(つよく)願っ(ねがっ)ています」と話し(はなし)ました。 (しき)出席(しゅっせき)した家族(かぞく)の80%は70(さい)以上(いじょう)でした。若い(わかい)(ひと)たちにも戦争(せんそう)のことを伝え(つたえ)ていくため、18(さい)より若い(わかい)(ひと)も95(にん)出席(しゅっせき)しました。

Loading