日本航空の飛行機が落ちた事故から34年

日本航空(にほんこうくう)飛行機(ひこうき)落ち(おち)事故(じこ)から34(ねん)

1985(ねん)8月12(にち)東京(とうきょう)から大阪(おおさか)向かっ(むかっ)ていた日本航空(にほんこうくう)飛行機(ひこうき)群馬(ぐんま)(けん)上野(うえの)(むら)(やま)(なか)落ち(おち)ました。日本(にっぽん)起こっ(おこっ)飛行機(ひこうき)事故(じこ)(なか)でいちばん多い(おおい)520(にん)亡くなり(なくなり)ました。 事故(じこ)から34(ねん)になった12(にち)亡くなっ(なくなっ)(ひと)たちの家族(かぞく)などが上野(うえの)(むら)(やま)登り(のぼり)ました。家族(かぞく)たちは飛行機(ひこうき)落ち(おち)場所(ばしょ)にある石碑(せきひ)(まえ)着く(つく)と、静か(しずか)祈っ(いのっ)ていました。 午後(ごご)()からは、山の下(やまのした)のほうにある「慰霊の園(いれいのその)」で家族(かぞく)日本航空(にほんこうくう)(ひと)などが(しき)行っ(おこなっ)て、悲しい(かなしい)事故(じこ)がまた起こら(おこら)ないように祈り(いのり)ました。 事故(じこ)祖父(そふ)亡くなっ(なくなっ)た27(さい)男性(だんせい)は「(むすめ)連れ(つれ)て、初めて(はじめて)(やま)登り(のぼり)ました。『元気(げんき)育っ(そだっ)ているよ、この()守っ(まもっ)てください』という気持ち(きもち)祈り(いのり)ました」と話し(はなし)ていました。

Loading