映画「この世界の片隅に」の上映が1000日以上続く

映画(えいが)「この世界(せかい)片隅(かたすみ)に」の上映(じょうえい)が1000(にち)以上(いじょう)続く(つずく)

アニメーション映画(えいが)の「この世界(せかい)片隅(かたすみ)に」は、太平洋戦争(たいへいようせんそう)のときの広島(ひろしま)で、苦しい(くるしい)ことがあっても明るく(あかるく)生きる(いきる)女性(じょせい)主人公(しゅじんこう)です。 この映画(えいが)は3(ねん)(まえ)の11月から毎日(まいにち)上映(じょうえい)続い(つずい)ていて、上映(じょうえい)した()今月(こんげつ)で1000(にち)以上(いじょう)になりました。映画(えいが)上映(じょうえい)が1000(にち)以上(いじょう)続く(つずく)のは珍しい(めずらしい)ことです。 監督(かんとく)(かた)(ふち)(ただし)さんは、太平洋戦争(たいへいようせんそう)終わっ(おわっ)()の8月15(にち)映画(えいが)(かん)であいさつをしました。(かた)(ふち)さんは「戦争(せんそう)終わる(おわる)までの最後(さいご)の1(ねん)爆弾(ばくだん)などで250(まん)(にん)ぐらいが亡くなり(なくなり)ました。この映画(えいが)で、みなさんに戦争(せんそう)についていろいろなことを感じ(かんじ)てほしいです」と話し(はなし)ていました。 映画(えいが)()た18(さい)女性(じょせい)は「戦争(せんそう)のあとに生まれ(うまれ)(わたし)たちも、戦争(せんそう)のことを将来(しょうらい)伝え(つたえ)ていかなければならないと思い(おもい)ました」と話し(はなし)ていました。

Loading