長野(ながの)(けん)諏訪(すわ)()今年(ことし)花火(はなび)大会(たいかい)開か(ひらか)れる 46(まん)(にん)楽しむ(たのしむ)

長野(ながの)(けん)諏訪湖(すわこ)では1949(ねん)から、戦争(せんそう)被害(ひがい)があったまちが元気(げんき)になることを祈っ(いのっ)て、毎年(まいとし)花火(はなび)大会(たいかい)開か(ひらか)れています。 15(にち)(よる)は、台風(たいふう)のためときどき(あめ)降り(おり)ましたが、予定(よてい)どおり大会(たいかい)開く(ひらく)ことができました。46(まん)(にん)()()て、4(まん)以上(いじょう)美しい(うつくしい)花火(はなび)楽しみ(たのしみ)ました。 特に(とくに)、2kmぐらいに広がっ(ひろがっ)花火(はなび)が、(みずうみ)(うえ)(たき)のように落ちる(おちる)(だい)ナイヤガラ瀑布(ばくふ)」のときは、みんな大きな(おおきな)(こえ)出し(だし)喜ん(よろこん)でいました。 茨城(いばらき)(けん)から()女性(じょせい)は「台風(たいふう)()ていて、見る(みる)ことができないかもしれないと思っ(おもっ)ていましたが、すばらしい花火(はなび)楽しむ(たのしむ)ことができました」と話し(はなし)ていました。

Loading