災害のとき少ない水で流すことができるトイレ

災害(さいがい)のとき少ない(すくない)(みず)流す(ながす)ことができるトイレ

LIXILという会社(かいしゃ)は、地震(じしん)などの災害(さいがい)のとき、普通(ふつう)より少ない(すくない)(みず)流す(ながす)ことができるトイレを作り(つくり)ました。9(にち)、この新しい(あたらしい)トイレの説明(せつめい)(かい)熊本(くまもと)()でありました。 普通(ふつう)のトイレは流す(ながす)とき1(かい)5Lの(みず)使い(つかい)ます。新しい(あたらしい)トイレは、いつもは5Lの(みず)流し(ながし)ますが、1Lの(みず)流す(ながす)ように変える(かえる)ことができます。(みず)流れ(ながれ)ていく(ところ)開い(ひらい)たり閉まっ(しまっ)たりするふたがあって、においも()にくくなっています。掃除(そうじ)もしやすくて、きれいに使う(つかう)ことができるようにしました。 災害(さいがい)のとき水道(すいどう)止まる(とまる)と、(みず)をたくさん使う(つかう)ことができません。会社(かいしゃ)は、避難(ひなん)する(ひと)集まる(あつまる)学校(がっこう)などでこのトイレを使っ(つかっ)てほしいと考え(かんがえ)ています。

Loading